デトックスジュース

プチ断食|その効果を実証

プチ断食|その効果を実証

プチ断食は、今や男女年齢関係なく、様々な方が興味を持たれていると思いますが、その正しい方法を伝えているサイトは非常に少ないように思います。プチ断食というと、どうしてもカジュアルなイメージを持たれがちですが、別名ファスティングというデトックス法であり、民間療法の一つであります。専門家や医師なども、この方法を勧めており、きちんとした方法で実践するならば、本当にたくさんの恩恵をもたらせてくれるでしょう。

 

プチ断食は自宅でできる

 

プチ断食というと、どうしても専門の店舗へ出向かなければならないというイメージがありますが、実は、自宅で簡単にできるものです。確かに、断食道場やエステサロンの断食カリキュラムなどに行くことで、自分を制することのできない時には、それを抑制してくれる効果はあるかもしれません。しかし、そういった逃げ場のない専門の施設に行って、集中して実践しても、それが終わった時、それを自宅で自分一人で頑張るようにするには、非常に難しいことが統計で分かります。

 

つまり、最初のうちから、ある程度の自分の意思で実践していかなければ、継続して痩せ続けることは非常に難しいのです。そのことから考えて、プチ断食を始める際には、そういった施設には頼らずに、最初から自宅で頑張るという方がちゃんとした効果が期待できると言えます。

 

ファスティングダイエットの由来

 

プチ断食と呼ばれているファスティングダイエット。その由来は、インドのアーユルベーダと言われています。アーユルベーダというのは、解毒という意味で、その当時(数千年前)から現在も親しまれている健康法です。インドではお湯を飲むことで、日頃溜まっていた毒素を洗い流していきますが、現在では、アーユルベーダから進化し、デットクスとして、広く世間で広まっています。

 

デトックスと言えば、どうしても岩盤浴やエステなどをイメージしがちですが、そのどちらも、表面上のものとしか言えません。もちろん、それで効果がないとは言えず、肌荒れ改善やダイエット効果も期待できます。しかし、それは短期的なものでしかなく、長期的に見れば、やはり体の中からのデトックスを行うことが重要です。先に述べたように、アーユルベーダは、お湯(白湯)を飲み、他の飲食を控えることで成り立ちますが、現在のプチ断食は、お湯の代わりに【酵素】を取り入れます。

 

酵素を何故取り入れるのか

 

人が太る理由の一番の原因が、代謝酵素が不足しているということです。酵素は体内で作られるのではなく、外から吸収するもので、尚且つ、使えば使う程消耗していきます。そして、代謝酵素は、食事をする時に失われていくものであり、現代の食生活を何も考えずに過ごしていると、どんどんと酵素は失われていき、代謝酵素が少なくなり、どんどんと痩せにくい体質になっていくわけです。

 

この代謝酵素を増やすためには、酵素を取り入れるしかないのですが、生野菜などをたくさん食べ続けるには、そうとうの量が必要になり、忙しい生活の中では、なかなか難しいというが事実です。よって、デトックスジュースやサプリメントなどで、効率良く摂取するのが一番の方法なのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ